えがお盛り

アクセスカウンタ

兵庫鍼灸整骨院 えがおヘルパーステーション

zoom RSS 【巨人】球団が沢村に謝罪…施術ミスで神経麻痺に疑問

<<   作成日時 : 2017/09/14 12:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000101-sph-base

この記事について書くかどうか迷ったのですが、やっぱり黙っていられなくて書きました。
僕自身はこの記事に疑問を感じています。
その理由として、
1、長胸神経の部位はすぐ下に肺があることから、鍼を深く入れる事はありません。気胸という事故を起こしてしまうからです。これは鍼灸師なら常識で、神経を傷つけるほど深く強い鍼をすることはありません。

2、このトレーナーは神経を傷つけるほどの太い鍼を使っていたのか?今の日本の鍼はすごく細いです。僕の使っている鍼は1番という鍼で、直径は0.16mmです。髪の毛の太さとほぼ同じです。僕が大学で初めて使った鍼が3番で0.2mmです。この太さの鍼で神経を損傷させることができるのか疑問です。

3、鍼が神経に少しでも当たるとすごく痛いです。そもそも、鍼が太い神経に当たる確率はすごく低いのですが、少しでも触ってしまうと、すごく痛いです。されに、ビクっと動きます。このトレーナーは沢村選手がすごく痛がっているのに、無視して施術を続けたのでしょうか。

4、さすがに僕もこの投稿をするにあたって調べたのですが、鍼による神経損傷の事故はほとんど起こっていません。

以上の理由から、もし、これが鍼の施術で起こったのなら、このトレーナーは「太い鍼を使って、普通は深く強い鍼をしない部位に、患者が痛がっているにも関わらず、強烈な鍼の施術をした」ことになります。もし、そうなら、そのトレーナーのミスですが、同じ鍼灸師として、ありえないと思います。ありえないと信じたい。
ジャイアンツは過去にも首をかしげる理由で鍼の事故を発表しています。記憶が曖昧なのですが、後に訂正されたようにも記憶しています(調べた訳ではないです)。ジャイアンツにはそういう雰囲気があるのでしょうか。

そして、最後にすごく稀ですが、長胸神経は投球動作やテニスのサーブ、ゴルフのスウィングなどでも起こる事があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【巨人】球団が沢村に謝罪…施術ミスで神経麻痺に疑問 えがお盛り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる